10/10,11構造見学会、10/24,25完成見学会を開催致しました! | 羽島市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームならプラスホーム

NEWS

お知らせ

ホーム > お知らせ > 10/10,11構造見学会、10/24,25完成見学会を開催致しました!
  • イベント

10/10,11構造見学会、10/24,25完成見学会を開催致しました!

10月は、構造見学会、完成見学会を2週間という間隔で連続開催させて頂きました!

一番過ごしやすく動きやすい気候の良い10月に、みなさんの大切な住まいづくりのお役に立ちたいという思いでしたが、いかがでしたでしょうか?お役に立ったでしょうか?

 

 

構造見学会は、羽島市足近町の二世帯住宅をご覧いただきました。

 

ウレタン遮熱断熱工法のウレタン吹き付けが完了した時点での見学会となりました!ちょうどウレタンの発泡具合やその厚みの確認、頑丈で太い材料を使った木組み、基礎断熱で浴室もあったかいガッチリベタ基礎、光冷暖の配管の形状、その他にも完成時点では確認する事の出来ない重要な箇所をご覧いただきました。

 

【見学会の様子】

地盤改良は重要ですが、その地盤改良判定の中には、実際には過剰な工事なのに
あたかも必要な工事の如く説明し
お金を支払わせる業者がいる事をご説明しております。

 

冬の寒さは、やっぱり堪えるもの。ウレタン遮熱断熱が、どんなに冬暖かいかお伝えしています。
もちろん夏は気持ちいいくらいに涼しいです!
そして、光熱費4割削減!が合言葉ですが、もう一つのキーワードは、
「壁体内結露0(ゼロ)!」
つまり住まいが永久に健康です!!

 

土台の防蟻処理って、よそでは5年保証が当り前みたいです。
でも、5年ごとに再施工って、コストが掛かるものですね。
ちなみにこの住まいは、20年保証です!!

 

完成見学会は、大垣市千鳥町の住まいをご覧いただきました。

奥様目線のお住まいをお作りしました。一般的には珍しい建て方かもしれませんが、ある意味合理的です。住まいづくりの基本は、家を守る役割を担う奥様の住まいへのこだわりです。

 

こだわりの一つ目が光熱費の削減。
省エネ効果を最優先に考えて、外壁のウレタン遮熱断熱工法を選択、ランニングコストの掛からない給湯器の選択までもこだわりました!

 

こだわりの二つ目が、見た目よりも実際の暮らしの使い勝手を優先させる間取りです。
必要な箇所に予算をかけ、そうでないところは力を抜く。そんな考え方を貫き通した住まいをご覧いただきました。

 

【見学会の様子】

ガスの使用量が最大限(?最小限)に少なくなる給湯器「エコワン」を設置しました。
床暖房を利用しても以前の住まいより光熱費が下がります。

 

ウレタン遮熱断熱の効果を示す家の模型です。内部の室温を表示しています。
かなり単純なものですが、それだけ施工が確実に行えるという事です。
ちなみに、普通の断熱材(ロックウールやグラスウール)の模型の内部温度は「40.1℃」、
ウレタン遮熱断熱の模型の内部温度は「33.1℃」です。
※ストーブは、太陽の役割です。

 

キッチンの廻りは、とても収納にこだわりを持ってお作りしました。
奥のユーティリティーの収納力はカップボードの2倍以上確保しています!

 

玄関の広さは、実用上どれくらいの重要度があるかを基準に決まっています。
一日24時間の内、玄関を通過して使用する時間は10分を越える…?

 

いかがでしたか?住まいづくりのお役に立てましたでしょうか。
住まいづくりについてご相談の方は、こちらへご連絡ください。

http://www.plus-home.jp/contact/

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。m(__)m