【見学会レポート】8月17日(土),18日(日) 完成見学会を開催いたしました! – 岐阜県羽島市で自然素材を活かした健康に住める注文住宅ならプラスホーム

NEWS

お知らせ

ホーム > お知らせ > 【見学会レポート】8月17日(土),18日(日) 完成見学会を開催いたしました!
  • イベント

【見学会レポート】8月17日(土),18日(日) 完成見学会を開催いたしました!

 

 

8月17日(土),18日(日)に完成見学会を開催いたしました!

 

2日間とも36℃を超える猛暑に見舞われましたが、

たくさんの方にご来場いただきました。

本当にありがとうございました。

 

 

 

「リビング兼シアタールームにワクワクする光冷暖の住まい」

 

6月に工事途中をご覧いただいた光冷暖のお住まいがついに完成を迎えました!

施主様の永年の趣味(シアタールーム)を楽しむ工夫、

ハウスダストによる喘息や気管支を痛めることが無くなり、

健康で省エネに暮らせる光冷暖の冷暖房システム、

毎日の家事が楽にこなせる動線や暮らしやすさに大きく役立つ収納の分配など、

見どころ満載のお住まいです!

 

 

【見学会の様子】

 

 

↓光冷暖のパネルです

 

「風が吹かない冷暖房なのに、こんなに涼しいの!?」

驚かれた方も多かったのではないでしょうか?

 

光冷暖の仕組みの鍵となるのは、遠赤外による輻射・放射です。

 

一般的には、輻射熱冷暖房機という名称で呼ばれます。

 

高いところから低いところに移動する熱の特性を活かし、

夏は、パネルが人の熱を奪うことで涼しく感じます。

 

 

パネルの表面に水滴がたくさん付いているのが見えますでしょうか・・・?

室内の湿気を結露という形で、除湿しています。

従って、室内の湿度は55%~60%に調湿されています。

 

 

 

こちらは、標準仕様の免震工法のコーナーです!

 

大規模な地震時に、建物の揺れを減らす(減振)特許工法です。
建物の揺れを減振することで、建物の損傷が発生しません!
(東日本大震災と熊本地震において実証)

また、液状化対策の効果により住まいの沈下がありません!
(東日本大震災において実証)

減振と液状化対策により、建物だけではなく、人も家財も守ってくれます。

 

 

こちらは、住まいの断熱コーナーです。

 

標準仕様「ウレタン遮熱工法」により
夏は涼しく、冬は暖かい、光熱費は4割削減できる特許工法です。

「夏の暑さは厳しいでしょう?」
そんな疑問を解消してくれるのが、写真の模型とストーブです。

アルミシートを張っていない模型とアルミシートを張ってある模型に、
それぞれ手で触れていただくことで、その違いを実感して頂きました。

通常の断熱工法の住まいは、夏暑いですが、
ウレタン遮熱断熱の住まいは、夏も気持ち良いくらいに涼しいのです!

 

↑一般的な断熱工法とウレタン遮熱工法を模型で比較体験していただきました!

 

 

施主様こだわりの音響機器がズラリ!!

 

こんなところにまでスピーカーが!!

 

普段の見学会とはまた一味違った雰囲気でしたね(^-^)

A様、ありがとうございました!!

 

 

 

いかがでしたか?住まいづくりのお役に立てましたでしょうか。
住まいづくりについてご相談は、こちらへご連絡ください。

https://www.plus-home.jp/contact/

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。m(__)m