【レポート】9月12日(土)、13日(日) 予約構造見学会を開催いたしました! | 羽島市で新築一戸建て・注文住宅・リフォームならプラスホーム

NEWS

お知らせ

ホーム > お知らせ > 【レポート】9月12日(土)、13日(日) 予約構造見学会を開催いたしました!
  • レポート

【レポート】9月12日(土)、13日(日) 予約構造見学会を開催いたしました!

9月12日()、13日()
「工事途中の構造現場セミナー
を開催いたしました!

ご予約の上ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!

🏠イベントの様子🏠

今回もお一組様ずつじっくりとお話をさせていただきました。

 

アルミシートが貼られた状態の外観、

柱や梁、ウレタンが吹き付けられた壁など、完成見学会では見ることのできない部分を見ていただき、住まいづくりにおいての大切なポイントをご確認いただきました。

 

今回の構造見学会は「高気密・高断熱セミナー」と題しまして、“住まいの数値”についてお伝えさせていただきました。


隙間の多い住宅だと、せっかく冷暖房した空気が外部に勝手に逃げていくので、家全体を均一に温めたり、冷やしたりすることが難しくなります。つまり、年間を通して冷暖房費がかさみ、「夏涼しく冬暖かい家」が実現しにくい住まいになってしまいます。「気密性能」は、“住まいの性能を生かすも殺すも気密性能次第!”と言われるくらい大切な性能です。

 

 

SIMPLE NOTEコーナーです。

デザイナーズ住宅に対して、「住みにくい」「窓がないから暗い」「価格が高い」などの先入観はありませんか?
SIMPLE NOTEなら、無駄を省くことでコストパフォーマンスや意匠性、機能性を高め、「デザイン」「コスト」「暮らしやすさ」を共存させることができます。

例えば、これまでの家では、「リビングを明るく設計すること」=「南向きの大きな窓があること」として考えられるのが常識でした。しかし、SIMPLE NOTEが建てる家には、外側に向いた窓がほとんどありません。もちろん、これまでの住宅でセオリーとされていた「南向きの大きな窓」もありません。なぜなら、外側に向いた窓がもたらすデメリットや、外側に向いた窓に頼らなくても、室内に光を採り入れる方法を知っているからです。

カーテンを閉め切った窓、必要としない軒、機能性のない廊下・・・今、あなたが建てようとしている家は、本当に必要なもので作られていますか?家づくりの視点を変え、無駄をそぎ落とし、豊かな人生を楽しむ。SIMPLE NOTEはそんな考え方から生まれた家づくりです。

 

今回もキッズコーナーをご用意しておりましたが、お子さまたちは建設途中のお家に興味津々の様子で、家中を探検していました!

 

イベント2日目には、梁にお施主様のお名前と手形を記す「手がた式」を行いました!

G様邸は二世帯住宅なので、それぞれの居住スペースで手がた式を行いました。長男のA君もとっても楽しそうで、笑顔溢れる素敵な手がた式になりました。

住まいづくりの参考にしていただけましたでしょうか?会場を提供してくださったG様、本当にありがとうございました!

住まいづくりについてのご相談など、お気軽にご連絡ください!
https://www.plus-home.jp/contact/

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!